[オペラ・オペレッタ訳詞家の日常] 劇場(オペラ/ミュージカル/声楽/室内楽/オーケストラ/バレエ/映画/アート)
書斎(オフィス/読書/語学-・独・・露/翻訳/音楽/"ホームシアターオペラ"
[ ボストニエンヌ ・ ダイアリー ] 衣(からだ/ジョギング)食(料理/外食)住(交際/イベント)
[アメリカで、日本人が、育てる。] 学校・休暇(サンクスギビング/年末/冬/春/夏)
習い事・アルバイト・ボランティア・"ファミリームービーナイト"

千葉敦子の術前術後を撮影したカメラマンの述懐記

かつての上司であり、報道カメラマン・総理官邸写真室初代室長であった石井幸之助氏に「医学的に、かつ自分のいとしい乳房の思い出(スーベニール)として写して欲しい」と申し出て、乳房摘出術の術前・術後の写真撮影を依頼した。
その写真は上記、『乳ガンなんかに敗けられない』の表紙にも掲載された。
石井氏はその著『ファインダーのこちら側 報道カメラマンがみた昭和史』の中で、【千葉敦子君の美学】と題し次のように記している。

(前略)人生に美学というものがあるなら、彼女のそれは気弱く涙を見せない、ということかも知れない。それにしても彼女の知性を、強靭に支えているものは何なのだろうか。近づく自分の死をも、人生の締め切り時間に追われるように、筆の材料にする。
ジャーナリスト精神の”業”とでもいうべきなのだろうか。あるいは彼女自身の、もって生れた天性というものだろうか。凡俗の身の私に、遠く理解の及ばないところである。(後略)

千葉敦子再読記 JO談 /ウェブリブログ

ファインダーのこちら側―報道カメラマンがみた昭和史

ファインダーのこちら側―報道カメラマンがみた昭和史

【予告】オデッセイ・オペラ 2017-18シーズン「ジャンヌ・ダルクと百年戦争」

f:id:mayumiura:20170803082551j:plain
2017–2018: Joan of Arc and the Hundred Years’ War | Odyssey Opera

9/16(土) 7:30PM
NEC’s Jordan Hall
チャイコフスキー《オルレアンの乙女》
10/26(木), 28(土) 7:30PM
Huntington Avenue Theatre
ドニゼッティ《カレーの包囲》
12/1(金) 7:30PM
NEC’s Jordan Hall
デロ=ジョイオ《ルーアンの異端審問》
2/17(土) 7:30PM
Sanders Theatre
オネゲル《火刑台上のジャンヌ・ダルク》
4/5(木), 7(土) 7:30PM
Huntington Avenue Theatre
ヴェルディ《ジョヴァンナ・ダルコ》

高校生からはじめる「現代英語」7/15-16